シャインヨガの活動をご報告します!

心と体が楽になる片鼻呼吸法

こんにちは!ありさです^^

皆さんは、「片鼻呼吸法」って聞いたことありますか?

今日はヨガクラスでも始めによく行う 片鼻呼吸法・ナディショダナをご紹介します。

自律神経が乱れやすいこの時期には、とても効果的な呼吸法です。

片鼻呼吸法は左右の鼻の穴から交互に、息を吸ったり吐いたりというのを繰り返していきます。

 人の脳は、右脳と左脳があり、右の鼻で呼吸すると左脳が、左の鼻で呼吸すると右脳が活性化されるんです。

左脳は、「理論脳」と呼ばれ交感神経を司り、
右脳は、「イメージ脳」と呼ばれ、副交感神経を司っています。

「片鼻呼吸法」は、普段の生活で活発な状態の左脳の動きを静めて、右脳を意識的に刺激します。
そして、副交感神経を高め、リラックス状態に誘導します。


この呼吸法は、自律神経だけでなく、エネルギーの流れや陰陽のバランスも整えてくれます。

どこでもできて、落ち込みがちな気分も晴らしてくれます^^

首から上の血行を促進することによって、

頭がスッキリする効果もあります。

顔の血流も良くなるとても優れた呼吸法です。

息を吐ききってから、吸うのがコツです。

では、おこなっていきましょう!!

床にあぐらで座るか、椅子に背筋を伸ばし座ります。

まず、右手を準備して、左手で左手で肘を支えます。

{73860F31-2B52-42DB-AD1A-AE68AEF6131C}


手はこの写真の状態にします。

(写真はお借りしています)

薬指を左の鼻のあたり(鼻のふくらみ)に置きます。

親指を右の鼻の軽くそえます。

軽く目を閉じたら、 左の鼻の穴から息を吐いて、吐き終えたら左から吸います。

一度、左の鼻の穴を栓をするように閉じます。

今度は、右の鼻から吐きます。

そして、右の鼻から吸います。

右の鼻を閉じて吐きます。

左の鼻から吸う、閉じる、吐く。

この流れを繰り返しおこなってみましょう。

慣れてきたら吐く息の動作を長めにおこなってみてください。

5分位おこなうと更に効果的です。

終わったらゆっくりと手をおろして、自然な呼吸をおこないます。

朝や夜などにおこなうのも、オススメです

夜におこなうと気持ちを静め、心地の良い眠りに導いてくれます

ベッドに入る前も効果大ですね

うつうつやイライラの気分を切り替えて、

集中力もアップしますよ

今日は今からヨガクラスです。

皆さんも穏やかでhappyな1日を!!

Follow me!

関連記事

PAGE TOP